書類不要で即日10万借りる方法

書類不要で即日10万借りる方法

書類不要で即日10万借りる方法

即日で10万円借りることはできる?

生活をしていれば「今すぐにお金が必要」、「今日中にお金を支払わなければならないけど、手持ちがない」などというシーンは多々あるものです。そんな時、お金が準備できなかったばかりに後悔はしたくはないですよね。10万円借りる方法は、消費者金融のキャッシングや銀行系のカードローンなどを利用するのが、一番確実な方法です。

今すぐにお金が必要でない場合でも、あらかじめ登録だけをしておいてカードを作っておけば、急にお金が必要になった場合には、即日で10万円でも20万円でも借りることができますし、もちろん、急にお金が必要になった時にも、インターネットや無人契約機、あるいはテレビ電話、専用フリーダイヤルなどで審査申し込みをすれば、即日でお金を借りることもできます。例えば、10万円を借りる場合には、それほど利息を必要としませんので、消費者金融で借りても、銀行カードローンに申し込みをしても、どちらでもそれほど変わりありません。例えば、10万円を消費者金融で借りた場合の金利は18%前後で、銀行カードローンの場合には14%前後の金利が平均になりますので、その差はわずか4%程度です。

利息でいえば、30日間借り入れたとして、消費者金融の場合には1,479円で、銀行カードローンの場合は1,150円となりますので、その差はわずか328円です。もちろん、チリも積もればということにはなりますが、すぐに返済できる見込みがあるのであれば、どちらで借りてもそれほど大きな違いはないでしょう。また、18%の金利で月々の返済額を18,000円で6回で払いにした場合には、利息は5,315円となり、返済総額は105,315円となります。この場合でも、半年間で5,000円ほどの利息ですので、それほど痛手はありませんよね。消費者金融で審査申し込みをした場合には、審査や融資までのスピードが速く、会員向けのサービスも利用しています。

さらに、自社のATMを利用すれば、利用手数料無料で借り入れや返済をすることができますので、結果的には銀行カードローンよりもお得ではないでしょうか。多少の金利差はあるものの、それ以上にメリットがあるのも事実です。また、初めて利用される方の場合には、30日間無利息で借りることができたり、なかには5万円までは180日間も無利息で融資をしてもらうことができます。複数回で返済をする予定であれば、5万円まで180日間無利息サービスを利用して借りるのが、1番お得な方法です。

 

10万円借りるのに収入証明書類は不要?

通常、消費者金融や銀行系カードローンなどを利用する場合には、まず、審査申し込みをして所定の審査を受ける必要があります。審査とは、おもにすべての金融機関で共有している信用情報などに基づいて検討されます。信用情報とは、あなた自身が、これまでに借入れや返済を行った取引履歴などがすべて記載されている情報のことで、借り入れをした日付や金額、方法、利用した業者、返済日、返済方法なども細かく記載されています。つまり、クレジットやローンに関する客観的な取引事実を登録した個人の情報のことを言います。審査に基づいて、貸し付けが可能であると判断された場合には、審査に通過し、その後、登録時に記載した勤務先に、電話で在籍確認が行われます。

在籍確認とは、申込者本人が本当にその会社に勤務しているかどうかを確認するだけの簡単な確認です。審査に通過すれば、引き続き契約手続きに進みます。通常、10万円を借りる場合には、年収の分かる書類として提出しなければならない、最新版の源泉徴収票や給与明細書、確定申告書などの収入証明書類の提出は不要です。ただし、契約をする金融機関によっては、10万円の借り入れであっても収入証明書類の提出を求められる場合もありますが、まれでしょう。「急いで融資をしてほしい」、「今日中にどうしてもお金が必要」という時に、わざわざこのような書類を準備しなければならないというのは大変ですよね。

収入証明書の提出が必要になってくる金額は、それぞれの消費者金融会社や銀行などで異なりますが、銀行カードローンの場合には、100万円や300万円までの申し込みであれば、収入証明書の提出が不要となる場合が多く、大口の融資であっても提出書類なしで契約手続きを行うことが可能となっています。その半面、消費者金融の場合には、平均50万円以上の申し込みをする場合には、収入証明書の提出が必要となります。

いずれにしても、10万円の借り入れの場合には、とくに年収の分かるような書類の提出は求められず、運転免許証や各種健康保険証、あるいはパスポートなどの身分証明書のみで契約手続きをすることができます。ただし、他の消費者金融や銀行などで既存の借金があり、今回借り入れをする10万円と合わせた合計金額が50万円を超えるという場合には、たとえ借入希望額が10万円であっても、収入照明書の提出が必要となりますので、注意が必要です。